益弘歯科医院

柏原駅・堅下駅徒歩すぐ。一般歯科 審美治療相談 大阪府柏原市|益弘歯科医院

治療方針 自費治療項目 ホワイトニング 審美治療相談
リンク一覧

 

デンタルローン

 

Twitter
Twitter
 
HOME»  ホワイトニング

ホワイトニング

Zoom2 Advanced ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

 

ホワイトニングは、どんな方にもできるというわけではありません。また永遠に白さを保てるわけでもありません。(メンテナンスなしでは2年未満)
医師の診断の元、適応症例にだけ施す審美治療の一種でありメンテナンス(再着色防止)が重要です。
当院では、まずお口の中の状態を診断し患者さんに納得していただいてから行います。
未成年の方や妊娠の疑いのある方は、禁忌です。

 

ホワイトニング後の注意事項

ZOOM2 ホワイトニング後48時間は、歯の表面が再着色しやすい状態になっています。そのため、再着色の原因となる、タバコ、コーヒー、紅茶、ワイン、カレーライスなど、色の濃い飲食物または柑橘系の飲み物は控えてください。

 

ホーム・ホワイトニング後の注意事項

1. ホーム・ホワイトニング後48時間は、色の濃い飲食物は避けるようにしてください。

2. 装着時に押し出されたホワイトニング・ジェルを飲み込みますと、咽喉に痛みを感じることがありますので、ティッシュ等で除去した後、軽くうがいをしてください。

3. カスタムトレーを装着した状態での飲食・喫煙は禁止です。

4. カスタムトレーを使用後は水を流した状態で歯磨き粉を使わないで軽くブラッシングし、 市販のうがい薬に10分ほどつけてから乾燥させて、清潔に保管するように心掛けてください。また、カスタムトレーは熱で変型しますので、熱湯で洗浄しないようにしてください。

5. ホーム・ホワイトニング期間中に、歯がしみる(知覚過敏)、のどが痛い、歯茎が腫れるなどの症状が稀に出る場合がございます。その場合には直ちに中止していただければ、症状は2~3日で消失します。痛みが続いたりして御心配な方は、すぐにご連絡ください。

 

ホワイトニング後の一般的な注意事項

御自身によるホーム・ケアは、歯の白さを永続させる大切なポイントです。
そのためには、当院指定の歯磨材(歯磨き粉)を使い適切なブラッシングにより、正しいプラーク・コントロールを励行する必要があります。当院の歯科衛生士がアドバイスいたします。
また、当院ではメンテナンス(再着色防止)のため、毎月1回の検査並びに経過観察を推奨しています。

 

バイオフィルム (≒歯垢) の破壊と歯の美白


PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)とは、簡潔にいえばバイオフィルムと呼ばれる細菌の巣(昔はプラーク)を破壊することです。

歯周病治療において、定期的(長くても3ヶ月毎)なPMTCを行うことによって予防ならびに進行を防ぐことができるとされています。

歯の表層に付くバイオフィルムは、普通のブラッシングでは取り除くことができないので、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士によって取り除くものです。

人にもよりますが、30分~2時間ぐらいかけて行われます。普通の歯石除去とはかなり違います。

歯の表面にある目に見えない細かい傷(主に歯ブラシ傷)まで綺麗にし、タバコのヤニや茶渋などを落とします。ただ、3ヶ月ぐらい経つと、またバイオフィルムは再付着します。

ホワイトニング(歯の美白)とは、歯の表面にあるエナメル質の着色を漂白することを言います。

エナメル質はほとんど無機質ですから歯のダメージはほとんど無いと言って良いでしょう。

使う薬剤も他の治療に使う消毒剤ですから問題はありません。またそれによる口臭予防にも役に立つことが証明されています。

ホワイトニングには、診療室で行うオフィスと自宅で行うホームとに分けられます。

仕上がりは、若干の差はありますが殆ど同じと考えられます。オフィスはすぐにホームは最低2~3週間ぐらいかかります。

後戻り(再着色)については、放っておくと、遅くとも2年以内に起こります。

白い歯をいかに維持するかが重要ですので、当院では毎月のチェック(メンテナンス)を推奨しています。

歯の白さをキープ(メンテナンス)することの重要性について御理解いただきたいと思います。

 

当院でホワイトニングをされた方はPMTCは無料になります。

 

 

 

お問い合わせ

医院案内 ご相談・ご予約はお電話もしくはメールにてお受けいたします。お気軽にお問い合わせください。 TEL:072-971-4273 Mail:info@masuhiro.net